お店の宣伝には規格看板がお勧め【耐久性がとても長い】

看板に使用される素材

男の人と女の人

特徴を踏まえて選ぶ

最も古くから規格看板に使われてきた素材は木でしょう。木製の規格看板は加工や修理が比較的簡単で、コストもそれほど高くないのが特徴です。場合によっては木目を活かした伝統的な味わいを出すこともできます。弱点は水に弱く、腐食したりカビが生えたりしやすいことです。屋外用の規格看板には、ペンキやワックスなどで水を防ぐ工夫が施されています。トタン板などの鉄板も、かなり昔から規格看板に使用されてきました。鉄は丈夫ですが錆びやすいため、表面をメッキなどで処理するのが一般的です。長持ちさせるためには、できるだけ表面に傷を付けないように取り扱うことが大切です。ステンレス加工された鉄は通常よりも錆びにくく、強度も高くなっています。同じ金属でもアルミは錆が内部まで進行しないため、屋外用の規格看板にも適しています。ただし鉄よりも軟らかく、傷ついたり変形したりしやすい点に注意が必要です。コストもやや高めですが、看板の種類にもよります。アルミ複合板はポリエチレンやポリプロピレンの表面に薄いアルミを貼り付けたものです。軽くて加工しやすいわりに剛性があり、耐候性も高くて長持ちするというメリットがあります。そのほか塩化ビニルやアクリル、ポリエステルなどの樹脂も、規格看板の素材としてよく用いられます。合成樹脂は水に強く、軽くて丈夫ですが、種類によっては薬品に弱かったり、退色しやすかったりすることがあります。使用する場所や目的に応じて素材を選ぶことが大切です。

PICK UP

ウーマン

目立たせたいなら

規格看板は完成品看板ともいい、一般的に使われている看板のことです。夜間営業する店舗では主に内照式看板といってライトが仕込まれている看板が使われています。費用が安く多く普及している蛍光灯式、目立つ点滅式、ランニングコストが安いLEDなどがあります。

看板

夜間の看板を明るくする

店舗やビルなどに設置される規格看板は、夜間でも遠くから見やすくするために照明が取り付けられます。中でも規格看板の外側に付けた照明で照らすタイプを外照看板と呼びます。以前は蛍光灯などが使われてきましたが、省電力のLEDを使う看板も増えています。

Copyright© 2017 お店の宣伝には規格看板がお勧め【耐久性がとても長い】 All Rights Reserved.