お店の宣伝には規格看板がお勧め【耐久性がとても長い】

夜間の看板を明るくする

看板

照明の種類で使い分け

店舗名やサービスの内容などを歩行者に知らせる規格看板は、夜でも目立つようにライトで明るくするのが一般的です。明るくする方法には二種類あり、規格看板の中にライトを仕込む内照型と、外部に設置したライトで表側から照らす外照型とに分かれます。それぞれ特徴がありますが、費用面を重視するなら外照型の規格看板が良いかもしれません。ライトを内蔵する必要がないため構造がシンプルで、製作にかかる費用も割安なことが多いからです。外照型の看板を照らすライトとしては、蛍光灯型と投光器型の二つのタイプが使われています。蛍光灯型は家庭やオフィスなどでよく見られる直管式の蛍光灯のような形状をしたライトで、規格看板の周囲に設置することで板面を明るくします。主に蛍光灯が使われてきましたが、最近は省電力を実現できるLEDを採用したものが増えてきました。従来の照明器具にLED式のランプをはめ込むだけで、年間にかかる電気料金を抑え、電球自体も長持ちさせることができるというメリットがあります。もう一つの投光器型は、円状のフードの中心に電球をはめ込み、規格看板を照らすタイプです。光が当たった部分のみを強調できるので、店名などを確実に知らせたい時に使われています。電球として使われているのは水銀灯で、点灯時は明るくなるまで時間がかかるものの、点灯後は安定した明るさを出すことができます。投光器型のライトでも省電力を考慮して、LEDランプを使用するケースが増えています。

PICK UP

ウーマン

目立たせたいなら

規格看板は完成品看板ともいい、一般的に使われている看板のことです。夜間営業する店舗では主に内照式看板といってライトが仕込まれている看板が使われています。費用が安く多く普及している蛍光灯式、目立つ点滅式、ランニングコストが安いLEDなどがあります。

看板

夜間の看板を明るくする

店舗やビルなどに設置される規格看板は、夜間でも遠くから見やすくするために照明が取り付けられます。中でも規格看板の外側に付けた照明で照らすタイプを外照看板と呼びます。以前は蛍光灯などが使われてきましたが、省電力のLEDを使う看板も増えています。

Copyright© 2017 お店の宣伝には規格看板がお勧め【耐久性がとても長い】 All Rights Reserved.